暗闇の中を運転する車

奄美大島のナイトツアーとは?魅力や当日の持ち物まで徹底解説!

2021.02.05

  • FaceBook
  • Tweeter

奄美大島は、鹿児島県本土と沖縄の間に浮かぶ日本で3番目に大きな離島です。亜熱帯海洋性気候に属し、一年中穏やかな気候で本土とは違う生態系や自然にあふれています。そんな奄美大島の素晴らしさを丸ごと体験できるのがナイトツアーです。そこで、ナイトツアーの魅力や当日の持ち物、ツアーの流れなどについて詳しく解説します。

奄美大島のナイトツアーとは?

夜の道路を走る車

奄美大島のナイトツアーは、人工灯のほとんどない夜のジャングルの中を4WDやバンに乗って探索するというものです。神秘的な亜熱帯原生林の中、動物の声や気配などを頼りに進むのはドキドキワクワクの連続です。夜になると活発に動き出す夜行性の動物に遭遇できるほか、日中に活動している動物の可愛い寝顔が見られることもあります。都会では体験できない、奄美大島ならではのアドベンチャーです。

ナイトツアーの魅力

奄美大島には澄んだ青い海でのマリンアクティビティや郷土料理の食べ歩きなど、昼間に楽しめるアクティビティが豊富です。しかし、ナイトツアーは夜にしか体験できない奄美大島の魅力がたくさん詰まっています。そこで、ナイトツアーの魅力について詳しく説明しましょう。

魅力①様々な動物たちに合える


アマミノクロウサギ

奄美大島は本土とは違う気候帯であるうえ、離島であるため独自の生態系や自然があります。そのため、東洋のガラパゴスとも呼ばれており、奄美大島にしか生息しない動植物が数多く生息しています。国指定の特別天然記念物のアマミノクロウサギをはじめ、アマミヤマシギ、アマミイシカワガエルなど、他の場所ではお目にかかることができない動物と出会えるチャンスがあります。

#アマミノクロウサギには高確率で出会える
アマミノクロウサギは原始の姿を色濃くとどめており、生きた化石と呼ばれています。一般的なウサギよりも耳がかなり短く、手足も短くずんぐりした体型です。個体数が3000頭以下に減少しており、希少性の高い動物です。夜行性なので昼間はほとんど見かけることはありませんが、ナイトツアーでは活動中のアマミノクロウサギに高確率で出会えます。

#奄美固有の動物に出会える
濃い緑色に金紫色の斑紋を持つアマミイシカワガエルは、日本で最も美しいカエルと言われています。夜行性であるため夜はエサ探しに活発に活動しており、ナイトツアーでの遭遇率が高い動物です。そのほか、頭から胸にかけて瑠璃色の美しい羽根を持つルリカケス、4月半ばから7月末頃までは鮮やかな赤いくちばしをもつリュウキュウアカショウビンの姿などを目にするチャンスもあります。

#昆虫によるイルミネーション
ナイトツアーでは、昆虫によるナチュラルなイルミネーションを楽しむこともできます。6月から8月は、青白い光を放つキイロスジボタルが原始林をロマンチックに照らします。暗闇の中、キイロスジボタルの光がクリスマスライトのようにチカチカと瞬く光景は、この世のものとは思えないほど幻想的です。

#幻の花
奄美大島には珍しい植物がたくさんありますが、サガリバナは夜にしか咲かない花であるため幻の花と呼ばれています。夜の9時ごろに開花し、翌朝には萎れてしまうのです。ナイトツアーでは、バニラのように甘い香りを放つサガリバナを見ることもできます。サガリバナの季節は、7月から9月頃までです。

魅力②年齢問わず誰でも楽しめる


車に乗ってナイトツアーを楽しむ人々

ナイトツアーの魅力は、子供から年配まで年齢を問わず楽しめるところです。奄美大島のジャングルを知り尽くしたガイドの運転なので、夜道でも安心してドライブできます。

#車で移動するので体力がなくてもOK
ジャングルの中を探索するとはいえ、基本的に車で移動します。そのため、見通しの悪い中で険しい道を歩いたり、岩をよじ登ったりする必要はありません。ガイドは希少動物に遭遇しやすいスポットを熟知しており、季節や天候に合わせ最良のスポットへ連れて行ってくれるため、車を降りてから歩く距離も必要最低限です。体力に自信のない年配者や小さな子供でも、楽しく夜のジャングルを満喫できます。

#車の貸し切りも可能
他のツアー客と夜の原生林での神秘体験を共有するのも楽しいですが、カップルや家族だけでナイトツアーを楽しみたい人もいるでしょう。ナイトツアーは、車の貸し切りができるプライベートなツアーもあります。人の目を気にせず、気心の知れた仲間だけでナイトツアーが堪能できるのが魅力です。

魅力③満点の星空付き


星空

ナイトツアーでは、見上げると満天の星空という嬉しいオマケも付いています。人口灯がほとんどない場所なうえ空気も澄んでいるので、星々が手に取るように近く感じられ、まるで天然のプラネタリウムのようです。ジャングルの木々の隙間から美しい星空が顔を出すのは、南国の夜ならではのご褒美です。

#真っ暗な空に流れる天の川
ナイトツアーでは、夜空に流れる天の川を肉眼で観察することもできます。美しくアーチを描く天の川を見るベストシーズンは、5月中旬から10月初旬です。晴れた日は特にはっきりとした輪郭でとらえることができ、ナイトツアーの醍醐味でもあります。また、暗闇に慣れた目の方が夜空の星をより多く目視できるので、ホテルの部屋の窓から空を眺めるよりもたくさんの星々を目に焼き付けることができます。

#流れ星が見えることも
ナイトツアーでは、運が良ければ流れ星を見ることもできます。特に流れ星が多いのは4月半ばから5月下旬で、1時間に10個以上の流れ星が見えることもあります。天の川を横切るように流れる星々は、自然が作り出すナチュラルな天体ショーです。

参加料金・所要時間

電卓とボールペン

ナイトツアーの参加料金はそれぞれのツアー会社によって異なりますが、大人1人につき8000円ほど、子供1人につき6000円ほどが相場です。参加料金には、体験料やガイド料、賠償責任保険・傷害保険料、観察用ライトレンタル料などが含まれます。ただし、何が含まれるかはツアー会社によって異なるので、事前確認が必要です。ツアーの所要時間は、通常2時間から3時間です。また、屋外でのアクティビティであるため、天候が悪いと中止になる場合もあります。雨天決行などツアー会社によって規定はさまざまなので、決行か中止かは自分で判断せずにツアー会社に確認するのが賢明です。

ナイトツアーの持ち物

バッグの中身

奄美大島は一年を通して気候が温暖ではありますが、1日の気温の変化が激しく朝と夜とでは気温も大きく変わります。また、風が強く気温よりも体感温度が低くなることもあります。そのため、ナイトツアーに参加する時は、昼間のツアーに参加する時よりも気候の変化を考慮した持ち物を用意するのが賢明です。

#10月から5月に参加する場合
10月から5月は、奄美大島でも夜はかなり冷え込みます。そのため、ナイトツアーでは防寒対策を意識した持ち物を用意するのが基本です。長袖の上着やダウンジャケット、ウインドブレーカーなど風を通さず防寒性の高い上着を用意するほか、長ズボンを履いて参加するのが良いでしょう。足元は歩きやすいスニーカーがおすすめです。また、1月から2月は小雨の降る日が多いため、防水加工の施されたジャケットやレインコートを持参するのが良いでしょう。冷え込む時期は、首回りに巻くマフラーやストールのほか、手袋があると重宝します。

#6月から9月に参加する場合
6月から9月までの夏の時期は、Tシャツに短パン、サンダルという涼しい格好で参加してOKです。ただし、雨が降った後の夜は肌寒くなることもあるので、天候によってはウインドブレーカーなど羽織れるものが1枚あると便利です。また、夏は虫が多いので虫よけスプレーを持参するのが良いでしょう。虫よけ対策としては、短パンではなく長ズボン、サンダルではなくスニーカーにするなど、肌の露出を少なくするのも効果的です。

#カメラやスマホ
ナイトツアーで遭遇した希少な動植物を撮影するために、スマホやカメラを持参するのがおすすめです。夜の撮影に適したタイプのカメラなら、美しい写真が撮れます。

#女性の持ち物の注意点
女性の持ち物で気をつけるのは、ヒールの付いたサンダルやパンプスなどは避けることです。歩く距離は少ないとはいえ、ぬかるんでいたり、足元が悪かったりする場合もあるので、ヒールのない動きやすい靴を選ぶのがベストです。また、動きやすさを重視し、スカートは避けパンツスタイルを選ぶのがベターです。ファッション性よりも機能性を重視しましょう。

当日の流れ

タイムスケジュールを書き込んだ手帳

ナイトツアーに参加する場合、どのような順序で進んでいくのか当日の流れをご紹介しましょう。

#集合時間
時期によって日没の時間が異なるため、季節によって集合時間が異なります。10月から5月に参加する場合は18時30分から19時頃、6月から9月に参加する場合は19時30分から20時頃です。

#出発前準備
ナイトツアーに出発する前は、参加申込書に記入するほかブリーフィングが行われます。ブリーフィングでは、ナイトツアーで遭遇する可能性がある動物の説明があります。どんな姿や鳴き声であるのか、画像や音声で説明してくれることが多いので、希少動物を見つけようというモチベーションが上がります。また、ツアー中の注意点の説明などもされます。

#出発
4WDやバンに乗って出発します。原生林のエリアに到達したら、野生動物を驚かせないように時速20キロほどの速度で走行します。走行中は木の上などにも目を凝らしてみると、様々な野生動物の姿を見つけることができます。

#観察
安全なスポットに到達したら、車から降りて自然や野生動物が観察できます。希少な動物を間近で見たり、美しい景色に感動したりと、ジャングルの中で育まれている生態系を目の当たりにできます。

#記念撮影
最後はツアーに参加した人たちと記念撮影などをした後、車で来た道を戻りツアー終了です。

ナイトツアーで奄美大島を堪能しよう!

ナイトツアーは、夜の奄美大島の魅力を思いっきり体験できるアクティビティです。また、THE SCENEでは、オーシャンフロントの美しいホテルの中でダイビングやSUP、ウェイクボードなどのマリンアクティビティや瞑想プランや睡眠改善などのウェルネスプログラムなどを提供しています。極上の宿泊とともに、様々なアクティビティを体験してみてはいかがでしょう。

THE SCENE amami spa&resort
THE SCENE amami spa&resort

住所 : 〒894-1523 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字蘇刈970
電話番号 : 0997-72-0111
https://hotelthescene.com/