海が見えるホテル

話題のオールインクルーシブとは?メリット・デメリットについて紹介!

2021.02.05

  • FaceBook
  • Tweeter

オールインクルーシブという言葉をご存知でしょうか。オールインクルーシブを取り入れるホテルや観光地は年々増えており、これについて知ることで旅行の楽しみ方が増えること間違いなしでしょう。そこで本記事では、オールインクルーシブとは何か、オールインクルーシブのメリット・デメリットなどについて紹介していきます。

オールインクルーシブとは?

海が見えるホテルの部屋

オールインクルーシブは英語表記だと「All Inclusive」、日本語に訳すと「すべてが含まれる」という意味です。従来だとホテルに宿泊する際、食事やリラクゼーションなど施設内の設備を使用するなら宿泊料金とは別にサービスの利用料金を支払うでしょう。それに対してオールインクルーシブではホテルの宿泊料金に加えて食事代・ドリンク代、プールやリラクゼーション施設の利用料金に加え、マリンスポーツをはじめとするアクティビティ料金などが含まれています。

オールインクルージブを導入しているホテルは、カンクンやモルディブなどの観光地に多く存在します。旅行になると食事代やアクティビティ代などが膨らんでしまって予算をオーバーしてしまうこともあるでしょう。そこでオールインクルージブなら旅行中にお金の面を気にせず、ゆっくりとホテルライフを満喫できます。

施設内のものはほぼフリーで利用可能!

お皿に盛られた色とりどりの料理

オールインクルージブは先述の通りホテルのサービスの大半が利用料金に含まれているものを言います。そのため、食事やドリンクに関しては、自分の好きなものを好きなだけ楽しめます。やはり食事は旅行の楽しみとしても大きいでしょう。そこでオールインクルージブを導入しているホテルでは、国やその地域の名物料理が用意されているビュッフェや、ホテル内にあるカフェテリア、バーでビールやカクテルをはじめとするアルコール類の飲み放題も用意されていて、豊富なラインナップから自分の好きなものを選べます。

また、オールインクルージブではホテル内のジムやプールなど本来は追加料金を支払って利用するものも最初から代金に含まれています。そのため、リゾート地のホテルで運動したり遊んだりすることで日頃の疲れを取って思いっきりリフレッシュできるでしょう。ただし、オールインクルージブでもホテルの全てのサービスが料金に含まれているとは限りません。高級食材を使った料理や高級酒、ダイビング・モータースポーツ体験など一部のサービスは追加料金が発生することがあります。

オールインクルーシブのメリットとは?

オールインクルージブにはどんなメリットがあるのでしょうか。まずメリットから見ていきましょう。

お金を気にせず楽しめる


さまざまな種類のドリンク

オールインクルージブはお金の面を気にせずに楽しめます。旅行に行った際、現地の美味しいものを食べたり、アクティビティを楽しんだりしようと思っても、思いの外料金が高くて諦めてしまったという経験はないでしょうか。リゾート地のレストランやアクティビティ施設は、観光客向けに料金が高めに設定されていることが多いです。そこで、オールインクルージブでは食事代はもちろん、アクティビティ代も宿泊料金に含まれています。そのため、ホテルの中で食事を取って、ホテルで用意されているアクティビティを利用すれば、リゾート気分を満喫しつつも料金を安く抑えられます。

もちろんオールインクルージブなら、プールやジム、マリンアクティビティも追加料金なしで思う存分楽しめます。したがって、お金がかかるからとドリンクを我慢したり、子供がアクティビティに参加したがるのを止めたり、なんてこともありません。それに、ホテルのプランに含まれているアクティビティや食事だけで済ませるなら、サービスを利用する度にお金を支払う必要もありません。そのため、持ち歩く現金は少額で済みますし、万が一支払いが必要になれば大体の施設でクレジットカードが使えるので問題ないでしょう。

日本は現金至上主義な面がありますが、海外の場合はクレジットカード決済がメインです。したがって、海外旅行だと現金を多く持ち歩いている観光客はスリなどのターゲットにもなりやすい傾向があります。そこでオールインクルージブで海外に行くなら、少額のお金を両替するだけで済むので、防犯にも繋がるでしょう。

旅行代金の総額が事前に分かりやすい


電卓とボールペン

オールインクルージブなら、旅行代金の総額も事前に把握しやすいです。旅行に出かけると、食事代やアクティビティ代の予算もある程度組んでいたけれど実際に現地に行ってみると、思っていたよりもお金がかかってしまうということは多いでしょう。そこでオールインクルージブのホテルなら、食事代やアクティビティ代はすべてプランの料金に含まれています。そのため、本来なら別料金で支払う料金がホテルプランの料金内で抑えられ、旅行前に費用の総額がわかりやすいでしょう。

オールインクルージブなら事前に食事代、アクティビティ代なども含めた総額がはっきり把握できることから、あとはお土産やちょっとしたおやつ、ショッピングなどにかかる予算を個人で組む程度です。それによって旅行の計画も立てやすくなります。

好きなものを好きなだけ楽しめる


フィンをつけて泳ぐ女性

旅行中にどれだけお金を使ったか気にして、旅行の後半になるにつれて節約ばかりになってしまうこともあるでしょう。そこでオールインクルージブなら大体のサービスが料金に含まれているので、お金の心配が無くストレスフリーです。例えばビーチにいるとお酒が飲みたいと思ったり、滞在中もスイーツやフルーツが食べたい、ソフトドリンクが飲みたいなど食べ物関連の欲求を抑えるのは大変でしょう。それに、開放感のあるリゾート地ならシュノーケリングなどそこでしかできないアクティビティも魅力的です。

しかし、これらのサービスは従来ならオプション料金があるので、利用するとしても1回きりと自分の中で制限を設けてしまいがちでしょう。そこでオールインクルージブなら好きなときに好きなだけこれらのサービスを満喫できます。

オールインクルーシブのデメリットとは?

オールインクルージブのメリットを紹介しましたが、メリットだけでなくデメリットもあります。人によっては損をしてしまうこともあるので、オールインクルージブのデメリットも把握しておきましょう。

サービスを利用しないと損をする


オールインクルージブのプランが用意されているホテルの大半は、宿泊客がホテルのサービスをフルに活用することを前提に料金を設定しています。そのため、ホテルのサービスをあまり利用しないのであれば元が取れないことが大半です。しかも、オールインクルージブの場合、従来のホテルのプランのようにホテルの施設やサービスを一切利用せず、食事を外で済ませるなどしても、利用しなかった分料金を返金してもらえるわけではありません。オールインクルージブのプランを利用するなら、ホテルの食事やアクティビティを積極的に利用しなければ損です。したがって、この場合はホテルのサービスを積極的に利用すべきでしょう。

オールインクルージブでは食事の料金も宿泊料金に含まれていることから、特にあまり食事を摂らない人や、アルコールが苦手な人は損をしやすい傾向があります。この場合はオールインクルージブだけでなく、宿泊のみのプランとアクティビティ代を確認し、料金を比較したうえで利用するプランを決めた方が良いでしょう。

同じサービスで飽きてしまうかも


オールインクルージブは日によってサービス内容が変わるということがありません。そのため、何日もホテルに滞在して、同じ食事やアクティビティばかりを利用していると飽きてしまう人もいるかもしれません。オールインクルージブだと食事は基本的に同じ場所で同じ内容のものを食べることとなります。ビュッフェスタイルのところも多いですが、基本的にメニューは同じなので、旅行先で毎日違ったものを楽しみたい人からすると物足りなく感じるでしょう。それに、そもそも食事が口に合わない可能性も考えられます。

また、アクティビティに関しても、一度体験できれば満足という人もいるでしょう。そもそも目当てのアクティビティがないホテルだと、滞在中にできることが無くて滞在中に退屈な気分になってしまうこともあります。したがってオールインクルージブのプランを取り扱っているホテルを探す場合は、事前にどんなサービスを提供しているホテルなのか、しっかり確認してホテル選びをすることが重要です。

こんな人におすすめ!

料理をする新婚夫婦

それでは、メリットとデメリットを確認したうえで、オールインクルーシブはどんな人におすすめなのでしょうか。まずおすすめなのが家族連れです。家族旅行で、お父さん、お母さん、子どもたちそれぞれのやりたいことや食べたいものが異なることもあるでしょう。しかし、特にアクティビティはお金がかかるので、それぞれがやりたいことをすべて実現しようとするとお金がもちません。そこでオールインクルージブなら食事代もアクティビティ代もすべて料金内に含まれており、子どもたちを我慢させることなく、全員が満足してストレスなく過ごせます。

また、お金を気にせず楽しめるオールインクルージブは新婚旅行にもおすすめです。新婚だと結婚式代や新居への引っ越し代など出費が多いでしょう。そのため、少しお金の面で心配を持ったまま新婚旅行へ出かける人もいます。そこでオールインクルージブなら旅行先を満喫しつつお金の心配が必要ないことから、新婚早々お金で揉めることもありません。それに加え、オールインクルージブは基本的にホテルの食事が食べ放題、飲み放題です。従来の宿泊プランなら、旅行先の食事やお酒を十分に満喫したら、支払いがかなり高額になってしまうこともあるでしょう。そこでオールインクルージブならこの心配もなく、お酒が好きな人や食べることが好きな人にもおすすめです。

オールインクルーシブでリフレッシュ!

オールインクルーシブについて理解できたでしょうか。オールインクルーシブはストレスフリーでリフレッシュできるため、生活や仕事に疲れた大人におすすめです。鹿児島県・奄美大島のTHE SCENEでは料金が全て明確になっており、不明瞭な追加料金の心配は必要ありません。ホテルザシーンに興味を持った人はぜひ資料請求をしてみてください。

THE SCENE amami spa&resort
THE SCENE amami spa&resort

住所 : 〒894-1523 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字蘇刈970
電話番号 : 0997-72-0111
https://hotelthescene.com/

ご宿泊のみ 航空券付き

結婚式/Line