奄美大島でサーフィンするならヤドリ浜!徒歩1分のリゾートホテルも紹介

奄美大島でサーフィンするならヤドリ浜!徒歩1分のリゾートホテルも紹介

鹿児島県の離島である奄美大島は、サーフィンスポットとして有名です。サーファーなら、誰しも一度は行きたいと思う場所であるともいえるでしょう。ここでは、奄美大島でおすすめのサーフスポットであるヤドリ浜海岸と、ヤドリ浜に最も近いリゾートホテル・THE SCENEについて詳しく紹介していきます。奄美大島でサーフィンをしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • FaceBook
  • Tweeter
奄美大島はサーファーの聖地

奄美大島はサーファーの聖地

奄美大島は鹿児島県と沖縄県の間にある離島で、鹿児島県本土から南西約380km沖合に位置しています。透明度が高い綺麗な海や、熱帯雨林、マングローブなどの自然が豊かなところが魅力です。奄美大島には、成田空港や関西国際空港などから飛行機で行けるほか、鹿児島の鹿児島新港から奄美大島名瀬港まで、フェリーに乗って向かうこともできます。奄美大島のビーチでは毎年ウミガメの産卵を見ることができることもあり、多くの観光客が訪れているのです。また、島内には約12カ所のサーフィンスポットがあり、年間通して多くのサーファーも訪れています。


レンタルサーフショップやサーフィンスクールもあって初心者でも挑戦しやすいので、経験者だけでなく、サーフィンをこれから始めたい人にもおすすめのスポットです。奄美大島の海でサーフィンを堪能するなら、サーフィンツアーに申し込んでみるのも良いかもしれません。サーフィンツアーは1年を通して開催されています。ガイドおすすめのサーフポイントに連れて行ってもらえたり、その日の波の状況や季節に応じた場所を教えてもらえたりして楽しめます。ツアーは7歳から65歳まで参加できるので、家族みんなでサーフィンを楽しむのも良いでしょう。

奄美大島でのサーフィンの魅力

奄美大島でのサーフィンの魅力

奄美大島は四方を海に囲まれた島なので、一年を通していずれかのスポットでは波が立っています。そして、サーファーにとっては嬉しい、極上の波ともいうべきコンディションの波が多く立つのも、奄美大島にサーファーが多く集まる理由です。奄美大島のサーフポイントは東シナ海サイドと太平洋サイドの2つのエリアに分けられます。東シナ海サイドは島の西側に、太平洋サイドは島の東側に広がっているのです。特に、東シナ海サイドでは、季節風の影響を受けるので、秋から冬は良い状態になります。一方の太平洋サイドは、台風の影響を受けてスウェルが入ると、ビッグサーフが可能です。


このように、奄美大島ではサーフィンを楽しむのに適した環境が整っているので、サーファーたちは奄美大島の波に乗りたいと思うのでしょう。また、奄美大島でのサーフィンが人気なのは、波の良さだけではありません。奄美大島の海は透明度が高く、綺麗なので、波を待っている間も海の中で泳ぐ魚やサンゴ礁を眺めることができるのです。これは海の中まで見えるほど、水の透明度が高くないとできないことなので、奄美大島の海ならではのポイントになります。こうしたことから、サーフィン初心者の人や子供でも飽きずに楽しめるというわけです。

憧れのサーフスポット【ヤドリ浜】

憧れのサーフスポット【ヤドリ浜】

奄美大島には土盛海岸や神の子海岸など、サーファー憧れのサーフスポットが、いくつかあります。ここで紹介するヤドリ浜海岸も、その中の1つです。ヤドリ浜海岸は奄美大島の南部に位置している海岸で、白砂の白浜が続くビーチとなっています。地方のサーフスポットの中にはローカルオンリーになっていて、ローカルではない人たちは入れないところもあるでしょう。しかし、ヤドリ浜海岸はローカルオンリーではなく、ビジターサーファーでも気兼ねなく楽しむことができます。


台風が来ているときには、奄美大島のサーフスポットの中でも、指折りのビッグスウェルポイントにもなるのです。水量が多くなるので、まるでビデオを見ているかのようなチューブが現れます。初心者の人には難しいかもしれませんが、うまく波に乗れたときには、これ以上ない達成感を味わうことができるでしょう。一度そのような波に出会ってしまうと、奄美大島の虜になるかもしれません。

ヤドリ浜海水浴場の基本情報

ヤドリ浜海水浴場の基本情報

ヤドリ浜海岸は、鹿児島県大島郡瀬戸内町蘇刈に位置していて、古仁屋市街地から車で20分のところにあります。奄美大島南部にある白浜が美しい遠浅の静かなビーチとして知られているほか、シャワーやトイレなどもあり海水浴客にも人気です。基本的には穏やかな海なので、サーフィンに慣れていない人でも安心して泳げるでしょう。また、透明度も高い海なので、シュノーケリングにも向いています。サーフィンができない人や、小さな子供がいる人はシュノーケリングをして楽しむことも可能です。もちろん、波が穏やかな場所だけではなく、やや波が高いところもあるので、サーフィンに慣れている人でも満足できるでしょう。


さらに、ヤドリ浜海岸にはキャンプ場も併設されているので、夏場は海水浴場で泳ぎながらキャンプも楽しむのがおすすめといえます。そもそも、ヤドリ浜の名前の由来は、キャンプ場があった場所には雨風をしのぐ小屋(ヤドリ)がいくつもあったことだと言われています。対岸には加計呂麻島を望むことができます。雄大な自然に触れながらサーフィンを楽しみましょう。

【THE SCENE】ヤドリ浜に1番近いリゾートホテル

【THE SCENE】ヤドリ浜に1番近いリゾートホテル

ヤドリ浜海岸に1番近いホテルに「THE SCENE」があります。「THE SCENE」は国立公園の中にあるナチュラルリゾートホテルとしてオープンしました。ゲストルーム・食・リラクゼーション・天然温泉・ロケーションの5つの要素を掛け合わせて、心身ともに健康になることを目指す、「ネイチャークレンズ」がコンセプトです。「THE SCENE」では、そのコンセプトに沿ったさまざまな体験ができるでしょう。また、ホテルすぐ横にプライベートビーチを持っていて、ヤドリ浜まで約200mの絶好のロケーションである点も魅力です。


ホワイトを基調にネイビーをアクセントカラーにした客室には、スタンダード・デラックス・ホワイトの3つの部屋タイプがあります。スタンダードルームは広さ30.5平方メートルで1~3人程度が宿泊可能です。デラックスルームは広さ46.1平方メートルで、独立した浴槽とシャワーが備え付けられています。ホワイトルームは、最上階に1室しかないお部屋で、純白の内装にこだわって作られているのです。「THE SCENE」の客室にある大胆に大きく取った窓からは、目の前に太陽光を受けて輝く海と、対岸の加計呂麻島を臨むことができます。


さらに、ホテルで提供される食事にも注目です。「THE SCENE」にある、海を眺めながら食事ができるレストランでは、奄美大島で採れたオーガニックな食材がメインに使われています。野菜は契約している地元農家で採れたものを使っていて、野菜本来のみずみずしさや美味しさを味わうことが可能です。

サーフポイントまで徒歩1分!

サーフポイントまで徒歩1分!

「THE SCENE」からヤドリ浜海岸までは、なんと徒歩1分で到着します。こんなにもサーフポイントから近いホテルは移動の手間が省けて便利でしょう。海に泳ぎに行くのにも、わざわざ車で移動せずに済みます。また、おもいっきりサーフィンを楽しんだ後の、疲れ切った身体をすぐに休ませられるのも、海から近いホテルの魅力です。少し泳いで、疲れたらホテルへ、そしてまた泳ぎに行くこともできます。さらに、客室の窓からはヤドリ浜海岸の海の様子が確認できるので、サーフィンができるかどうか、波の状態を確認することもできるでしょう。せっかく準備して海に来たのに、あまり波の状態が良くなかったという事態を防ぐことも可能です。

天然温泉で極上の癒しタイムを

天然温泉で極上の癒しタイムを

サーフィンをした後は、全身に乳酸が溜まっているので十分に体を温めた上でストレッチなどのケアをしておくのが良いでしょう。「THE SCENE」には、奄美大島唯一の天然温泉である「きゅらの湯」があります。きゅらの湯は、2016年3月15日にオープンした温泉で、お湯に浸かりながら、目の前に広がる海と加計呂麻島を眺められるのです。このように、海辺にある露天風呂では開放的で雄大な景色が楽しめます。


また、夜には満天の星の下で波の音を楽しむのもおすすめです。周辺には人工的な明かりがありません。そのため、晴れた日には夜空一面に広がる星を堪能できます。その様子は、まさに天然のプラネタリウムさながらです。さらに、専属インストラクターによる大自然の中で行うヨガや、筋肉のコリをほぐしてくれるボディケアもあります。大自然の中で行うヨガは、普段部屋で行うヨガとは異なり、清々しさを感じながら心までリフレッシュさせることができるのです。ボディケアのサービスも、サーフィンで疲れた身体には最適です。コリをほぐしてもらいながら、優雅な気分に浸るのは至福のひとときとなるでしょう。

ホテルの船でウェイクサーフィン・ウェイクボード

ホテルの船でウェイクサーフィン・ウェイクボード

ヤドリ浜に波がないときはウェイクサーフィンやウェイクボードを楽しむのがおすすめです。ウェイクボードや水上スキーに代表されるように、ボートや水上バイクに引かれながら水上を滑るスポーツのことをトーイングスポーツといいます。そのトーイングスポーツの1つとして、近年人気急上昇中の新しい水上スポーツであるウェイクサーフィンが注目を浴びているのです。ウェイクサーフィンは、走行する船が作った波を利用するマリンスポーツとなっています。そのため、サーフィンをするには風が弱すぎる日でも楽しむことができるのです。また、ウェイクサーフィンは、ウェイクボードとサーフィンの両方の魅力を堪能できるのがメリットになります。


水上スキーのスピードが時速50kmにも及ぶのに対して、ウェイクサーフィンは時速18km程度です。さらに、使用するボードも一般的なものよりも短いので、初心者でも安心して始められるでしょう。ライフジャケットを着用して行うので、水中に落ちても心配はありません。「THE SCENE」では、ホテルの船を出してウェイクサーフィンを楽しんでもらえるサービスが提供されています。ウェイクサーフィンであれば、軽く遊びたいというときにもおすすめなので、気軽にホテルに船を出して欲しいと頼んでみましょう。

絶景の海でロングライドを決めよう!

絶景の海でロングライドを決めよう!

奄美大島には数多くのサーフスポットがありますが、極上の波が立ちやすいヤドリ浜海岸がおすすめです。近くのホテルTHE SCENEに宿泊すれば、準備ができ次第すぐに海に入れるでしょう。ホテルには疲れを癒す天然温泉やリラクゼーション施設も整っているので、心身ともに健康になりたい人にもおすすめです。奄美大島で良い波を捕まえて、最高のロングライドを楽しみましょう。

絶景の海でロングライドを決めよう!
絶景の海でロングライドを決めよう!
絶景の海でロングライドを決めよう!
ご宿泊のみ 航空券付き

結婚式/Line