東洋のガラパゴスで癒されよう!奄美大島でできるおすすめなアクティビティ

東洋のガラパゴスで癒されよう!奄美大島でできるおすすめなアクティビティ

手つかずの豊かな自然が残る奄美大島。圧倒的な大自然は、訪れる人の心身を浄化する力を持っています。そんな奄美大島には、自然をダイレクトに感じられるアクティビティが満載です。さまざまなアクティビティを堪能して、心も身体もリフレッシュしましょう。この記事では、奄美大島に行ったらぜひ楽しんでほしいアクティビティを11種類紹介します。

  • FaceBook
  • Tweeter
奄美大島の幻想的な世界へ飛び込めるダイビング

奄美大島の幻想的な世界へ飛び込めるダイビング

「奄美大島に行ったら、マリンアクティビティを楽しみたい!」という人は多いのではないでしょうか。奄美大島の海は多彩なサンゴ礁や生き物が生息しており、その種類は日本でもトップクラス。ダイビングをすることで、「アマミブルー」と呼ばれる海の美しさを全身で味わうことができます。カラフルな魚たちだけでなく、ウミガメとも一緒に泳げるかもしれません。また、ダイビングは重力から解放されるため、リラクゼーションにも効果的です。美しい海中に飛び込むことで、日々の喧騒から解放されましょう。

加えて、水中でのアクティビティは身体にも良い影響をもたらします。水中で深い呼吸を繰り返すことは、自律神経が整う効果が期待できるでしょう。そして、水の抵抗があるなかで泳ぐと、筋肉に負荷をかけた運動ができます。ダイビングは、楽しみながら心身ともに健康へ導く、現代人にぴったりのアクティビティです。

初めてのダイビングには少し不安を感じる人もいるかもしれませんが、奄美大島では、初心者でも気軽に楽しめる体験ダイビングのツアーも豊富に用意されています。熟練のインストラクターが呼吸のコツから泳ぎ方まで丁寧に指導してくれるので、練習しながら少しずつダイビングに慣れていくことができます。また、ライセンスを持つ上級者が楽しめるツアーも豊富です。特にクジラと泳げる「ホエールスイム」はおすすめ。期間限定ですが、クジラと泳げる貴重な体験ができるかもしれません。

幅広い年代で楽しめるシュノーケリング

幅広い年代で楽しめるシュノーケリング

浅瀬のスポットにもサンゴ礁の大集落が見られる奄美大島の海。古くからの大自然が残る魅力的な海中は、シュノーケリングでも存分に楽しむことができます。奄美大島はウミガメの産卵スポットでもあるため、シュノーケリングでもウミガメに出会えるかもしれません。シュノーケリングは海面に浮きながら海中をのぞくアクティビティなので、小さなお子様から年配の人、泳ぎが苦手な人でも気軽に楽しむことができます。

シュノーケリングツアーでは海中を観察するためのマスクや泳ぎをサポートする足ひれ、上手に浮かぶためのベストなど、必要なものはすべて貸し出してくれます。奄美の海を熟知したツアーガイドが海を案内してくれるので、奄美大島の海をたっぷり満喫できるシュノーケリング体験になるでしょう。奄美大島の海は透明度が高いため、シュノーケリング中はまるで空を浮いているような感覚が味わえます。悩みごとや考えごとを忘れてリフレッシュするには、最高のアクティビティといえますね。

神秘的な光景が広がる青の洞窟探検

神秘的な光景が広がる青の洞窟探検

「青の洞窟」とは、太陽の光が海底に反射し、海中を通過する際に青色の光だけが届いて海面が青く輝いて見える洞窟です。世界中にありますが、有名なのは世界遺産に認定されているイタリア・カプリ島の洞窟でしょう。毎年多くの観光客が訪れている人気スポットです。そんな青の洞窟は、奄美大島からフェリーでわずか20分の場所にある加計呂麻島(かけろまじま)にも点在しています。洞窟へは船でしか行けず、潮の満ち引きの関係で1日に2時間ほどしか入れるチャンスがありません。貴重なタイミングで洞窟内を探検できたら、海の光が反射して澄んだ青い光が広がる幻想的な空間を見ることができるでしょう。加計呂麻島の海は、奄美大島の海の中で最も透明度が高く、美しさは世界のどの海にも劣らないと言われています。

また、青の洞窟はシュノーケリングで体験するのがおすすめです。温かい黒潮によって育てられた加計呂麻島の海は、サンゴ礁の種類や生息している魚の数が日本の中でもトップクラス。そんな海の中の景色を満喫できることは、忘れられない体験になるでしょう。

透明度の高い海を散策できるシーカヤック

透明度の高い海を散策できるシーカヤック

「美しい奄美大島の海を海上からゆっくり楽しみたい」という人には、加計呂麻島でのシーカヤックがおすすめです。シーカヤックとは、カヤック船に乗ってパドルを自分で漕ぐアクティビティ。自分のペースで楽しめるので、透明度の高い海をのんびりクルージングすることができます。加計呂麻島は人口が少なく静かなため、まるでプライベートビーチのような空間で自然の景色を味わうこともできるでしょう。

また、泳ぎが苦手な人は透明のボートの「クリアカヤック」が用意されているツアーがおすすめ。透明なボートを通して、海中をゆっくり観察することができます。「やっぱり海上のシーカヤックも水中のシュノーケリングも楽しみたい」という人のために、2つのアクティビティを楽しめるプランも用意されています。加計呂麻島の海をたっぷり堪能してください。

シーカヤックは、時間によって違う奄美大島の海を楽しめるのも魅力です。海に浮かびながら、ゆったりとサンセットタイムを過ごすことができます。奄美大島のサンセットは、マジックアワーと呼ばれるほど空と海の色が美しく変化することが特徴。幻想的なひとときは、忘れられない旅の思い出になるでしょう。シーカヤックは奄美大島ならではの大自然を、全身で感じることができるアクティビティです。

島のゆるやかな時間を楽しむことができる釣り

島のゆるやかな時間を楽しむことができる釣り

海に囲まれた奄美大島の島の人たちが日常的に楽しんでいる「釣り」。もちろん旅人も楽しむことができます。釣り初心者におすすめなのは、船に乗って沖で釣りをする「船釣り」です。船釣りでは、釣りに必要な竿や糸、リールなどの専門的な道具をすべて貸し出してもらうことができます。また、釣れるスポットを熟知した船頭さんに釣りの方法を教えてもらうことで、初心者でもたくさんの魚が釣れるかもしれません。エサの付け方や竿の使い方などが分からず不安がある人も、プロの指導を受けられる船釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 いくらプロが教えてくれても釣りは自然の魚が相手。「釣れなかったら楽しくないのじゃないの?」という人もいるでしょう。たしかに釣りは釣った魚を食べるという楽しみもありますが、魚を待っている静かな時間も釣りの魅力の一つ。波の音や生き物の声などを聴いて、自然を全身で体感することができるでしょう。海の中で泳いでいる魚を想像して駆け引きし、釣りに集中することで日常の雑念を取り払う効果も期待できるでしょう。

太古の自然あふれるジャングルをトレッキング

太古の自然あふれるジャングルをトレッキング

トレッキングとは、山頂を目指さずに登山そのものを楽しむアクティビティです。奄美大島のジャングルは世界自然遺産登録候補地となっており、島特有の植物が生息している貴重な場所です。太古から手つかずのジャングルにグリーンの迫力を感じ、まるで恐竜の世界に迷い込んだかのような体感ができるでしょう。


豊かな原色の緑に囲まれた森林浴は、心身ともにリラックスできて日々の疲れを癒してくれる最高の空間。国の天然記念物である「ルリカケス」という瑠璃色の美しい鳥も見られるかもしれません。トレッキングというとハードなイメージがありますが、気軽に参加できるハイキングのようなツアーや、パワースポットを目指すツアーなどさまざまな種類があります。トレッキングは、目的に応じて楽しむことができる魅力的なアクティビティといえるでしょう。

原生林を突き進むマングローブカヌー

原生林を突き進むマングローブカヌー

「マングローブ」とは木の名前ではなく、川の淡水と海水が混じりあっているエリアに自生する植物群のことをいいます。マングローブは亜熱帯にしかなく、奄美大島のマングローブは日本を代表する広さを誇るのが特徴です。そんなマングローブを探索できるマングローブカヌーは、奄美大島に来たら外せないアクティビティとして大人気。カヌーの魅力は、自分で漕ぐ楽しさや水上を滑る心地よさにあるといえるでしょう。初心者でも簡単に漕ぐことができ、水上をなめらかに進むような感覚を味わうことで、爽快感を体全体で感じられます。

また、適度に身体を動かしながら森林浴することにより、心身ともに落ち着いて本来の自分を取り戻せるかもしれません。カヌーでしか近づけないような、自然や生き物を見ることができるところもマングローブカヌーの魅力。疲れたら漕ぐのをやめてカヌーに寝転がったりと、自分のペースで川に身を任せてゆったりした時間を過ごせるのも、マングローブカヌーが好まれている理由といえるでしょう。

海の上を散歩できるハワイ生まれのSUP

海の上を散歩できるハワイ生まれのSUP

SUP(サップ)は、スタンドアップパドルボードという浮力の強いサーフボードに立って、パドルで海面を漕いで進むアクティビティです。ボードは立っても安定性が高く、初心者でも気軽に楽しむことができます。また、慣れればお子様と一緒に乗ることもできます。

海面に立って景色を眺めると、まるで海の上を散歩しているよう。奄美大島の海は透明度が高いため、SUPからサンゴ礁を見たりカラフルな熱帯魚も観察したりすることができます。海が美しい奄美大島ならではの楽しみ方といえるでしょう。安定感があるSUPは、ボードの上でヨガをしたり、横になって空を仰いだりと楽しみ方はさまざま。マングローブをSUPで散策するプランでは、海もグリーンも満喫できる、解放感あふれたアクティビティ体験になるでしょう。

奄美大島の貴重な生き物と出会えるナイトツアー

奄美大島の貴重な生き物と出会えるナイトツアー

奄美大島は「東洋のガラパゴス」と呼ばれるほど手つかずの自然が残っています。そのため、普段見ることができない貴重な生き物に出会えるチャンスに恵まれている場所といえるでしょう。特に夜のジャングルを巡るナイトツアーでは、昼間とは違った奄美大島の絶景を見ることができます。ナイトツアーでは両生類や鳥など、奄美大島固有の野生生物を探して探検をします。夜行性の動物が活発に動く姿や、日中活動する動物が眠っている姿など、夜にしか見ることができない生き物の可愛らしい姿は必見です。奄美大島には絶滅危惧種に指定されている「アマミノクロウサギ」が生息しており、ナイトツアーでは高い確率で出会うことができます。離島という環境のため、耳や足が短い原始的な姿を残しているところがアマミノクロウサギの魅力です。

生き物が動く草むらの音や、鳴き声を頼りに生き物を探す探検は、日常ではできない体験の宝庫。車での移動がメインなので、小さい子どもから年配の人まで楽しむことができるのも魅力的です。家族みんなでドキドキの探検ツアーを楽しむことができます。また、真っ暗なジャングルの木々からのぞく満点の星空もナイトツアーの醍醐味の一つ。日本とは思えないような、無数の星がきらめく星空は絶景です。

心と体をリセットする奄美大島でのヨガ

心と体をリセットする奄美大島でのヨガ

数千年もの歴史を持ち、古くから親しまれてきた「ヨガ」。日常生活で取り入れている人も多いでしょう。ヨガは身体を動かすポーズが印象的ですが、本来は「人間の幸せは、内側にある」という精神に基づいて考えられています。呼吸を通じて肉体と精神を繋げることで、本来の自分に近づけることができるといわれているのです。

そんなヨガの効果を高めるために、ホテル「THE SCENE」では、日の出とともに身体を目覚めさせる「モーニングヨガ」や、リセットを目的とした「イブニングヨガ」、新月や満月の日に行う「メディテーションヨガ」など、バリエーション豊かなヨガクラスを開催しています。素足で芝や砂の上を歩き、気持ち良い空気で身体をいっぱいにして、心を解放させましょう。今まで気付けなかった新しい自分や幸せな気持ちに出会えるかもしれません。

世界に一つだけのアクセサリーづくり

世界に一つだけのアクセサリーづくり

大きな巻貝、「夜行貝」を使って自分だけのオリジナルアクセサリーを作るアクティビティも人気を集めています。夜行貝をじっくりと磨き上げアクセサリー作りに没頭すると、日々感じる悩みや迷いを忘れて「無心」になることができます。「無心」の状態は、瞑想と同じ感覚をもたらします。無心になって自分の考え以外に注意を向けることで、不安が緩和されてリラックスする効果が期待できます。また、世界に一つしかないお土産を作れる点も魅力的。旅の思い出を忘れないために、いつも頑張っている自分や大切な人へ手作りアクセサリーをプレゼントしてみませんか。

THE SCENEの特徴②  パワースポットや加計呂麻島へもアクセス良好

アクティビティで奄美大島の大自然を五感で吸収しよう

奄美大島の貴重な大自然は、アクティビティに参加することでより深く感じることができるでしょう。非日常を体験させてくれるさまざまなアクティビティは、心も身体もリフレッシュさせてくれること間違いありません。忙しい日々で疲れている自分を癒してくれる極上のアクティビティを選んで、奄美大島の旅を満喫しましょう。