リフレッシュ方法にはどんなものがある?リフレッシュをする重要性とは?

リフレッシュ方法にはどんなものがある?リフレッシュをする重要性とは?

2020.6.26

  • FaceBook
  • Tweeter

仕事や日常生活で忙しい状態が続いていると、体力的にも精神的にも疲れがたまってきます。身体がだるく、なかなか疲れが取れない、ストレスがたまっており上手に発散できないという人もいるのではないでしょうか。身体や心の疲れを感じている人は、リフレッシュをすることで良い気分転換ができ、パフォーマンスも向上します。この記事ではリフレッシュすることの重要性やリフレッシュする方法のヒントを紹介します。

リフレッシュの重要性とは

仕事や日常生活が忙しい人や人間関係に悩みを抱えている人は、知らず知らずのうちにストレスがたまった状態になっています。ストレスがたまると精神面だけでなく肉体的にも疲れを感じてしまい、ハツラツとした毎日を過ごすことができません。ひいては、オンとオフの切り替えもうまくいかなくなり、いつも疲れた状態が継続してしまいます。

この状態では、マイナスな感情に支配されてしまい、やるべき仕事に気持ちを集中させることができず作業効率が下がってしまいがちです。作業効率の低い中で仕事を行っても、時間ばかりかかってしまい成果が出せないという悪循環に陥ってしまいます。そのような状態から脱出するには、リフレッシュを行うと効果的です。リフレッシュを行うことで良い気分転換になるため、オンとオフの切り替えができて、仕事にも集中できるようになります。

なるべくストレスのない生活をしたいとはいえ、ストレスが皆無という状態はほぼ不可能であるため、自分でリフレッシュできる方法を知っておくことがポイントとなります。自分でリフレッシュできる方法を知っていれば、適度に気分転換ができるため、気分的に大きく落ち込むことも少なくなるでしょう。そして、リフレッシュをすることで気持ちがリセットされるため、マイナスの感情に左右されにくくなります。終わったことにくよくよと悩むよりも未来のことに目を向けられるようになり、明るく前向きな気持ちになれるでしょう。

リフレッシュ方法①散歩


心と身体をリフレッシュできる方法の1つとして散歩があります。散歩は特別な道具も必要なく、自分の身体さえあれば思い立ったときにすぐにできる手軽さが魅力です。散歩と似ているものにウォーキングがあり、健康のために行っているという人も少なくないでしょう。ウォーキングと散歩は少し意味合いが異なっています。ウォーキングは歩く距離や時間を測って比較的速い速度で歩く運動です。一方、散歩は時間や距離などの目標を決めず、周りの景色を楽しみながらゆっくりと歩きます。

ウォーキングに比べて散歩は運動にならないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。散歩のようにゆっくり歩いても筋肉量を増やすことができます。また、散歩をすることで体温が上昇し、免疫力も上がるため、病気の予防にもつながるのです。散歩は軽い有酸素運動であることから血液の循環もよくなり、脳にも新鮮な酸素が運び込まれます。周りの風景を見ながらゆったり歩くことで脳がリフレッシュされ、ストレス解消にもなるのです。さらに、散歩をすると脳内でセロトニンという幸せホルモンが分泌されるため、精神的にも安定した状態になります。散歩に適した時間帯は、セロトニンの分泌が活発になる早朝や日中の太陽が出ているときです。

リフレッシュ方法②運動


現代人のストレスは運動不足が原因になっていることが少なくありません。仕事をしているときに脳はフル回転しているものの、身体を動かすことはあまりないことが多いため、脳と身体の疲労度にアンバランスが生じます。運動を行うときは、何かしら目標を定めてその目標を目指して集中することが多く、ストレスや嫌なことを忘れることができ、気晴らしになるのです。運動して汗を流したらマイナスな感情も汗と一緒に流れていき、すっきりした気分になるのは、こうした運動の気晴らし効果によるものでしょう。また、運動を行うことにより満足感や達成感を味わうことができます。

たとえば、前よりも記録を伸ばせた、以前よりも身体が柔らかくなった、など成果として見えてくると自信回復にもつながり、前向きな気持ちになりやすいです。さらに、運動をして身体が温まると筋肉の緊張が解け、副交感神経が優位になり、リラックスした気持ちになってストレスも軽減されます。また、運動不足で血流が滞りがちになると、乳酸がたまりやすくなり、睡眠不足の原因になってしまうのです。運動をして血行が良くなると、脳と身体の疲労のアンバランスも解消され、睡眠障害が改善されて深い眠りにつけるようになります。睡眠は、身体や心の疲労を回復し、健康に暮らすために欠かせません。質の良い睡眠を取ることは特に大切なポイントです。

リフレッシュ方法③入浴


疲れているときは、お風呂に入るのが面倒でシャワーだけで済ませてしまいがちですが、疲れているときほど湯船に浸かったほうが疲れは取れます。湯船に浸かると血管や毛細血管が広がるため、全身の血行が良くなり、疲労物質や老廃物が流れ出しやすくなるのです。そして、身体が温まることにより、血行が悪いことが原因で起こっていた筋肉疲労や身体の凝りも解消されていきます。また、お湯に浸かることで浮力が働き、水に浸かったときの重力は水の外にいるときと比べて約10分の1になるため、身体がとても軽く感じられるのです。

浮力のために筋肉が緩み、脳もリラックスした状態になり精神的な疲れが解消していきます。さらに、水に浸かると身体に適度な水圧がかかり、身体をマッサージしているような効果が生じるのです。下半身がむくむ原因とされているリンパ液の滞りも解消されてスムーズに流れるようになるため、疲労物質も流れ出しやすくなります。入浴でリラックス効果を得るためには、湯船の温度は37~40度程度の少しぬるめのお湯で、時間も10~20分程度が適切です。

リフレッシュ方法④自然を感じる


自然に触れることで、日常生活の嫌なことを忘れられてストレス解消になり、ポジティブな感情が出てくるといわれています。野山に出かけると、心が落ち着くという経験をした人もいるのではないでしょうか。森の中のハイキングやキャンプ、登山などを含めて自然に触れられる森林浴は、心と身体がリフレッシュできる方法として注目されています。森林の空気は排気ガスの臭いがする都会の空気と比べてきれいで汚れていません。

また、樹木の香りには癒し効果があり、木々のさざめきには心を落ち着かせる効果があるといわれています。さらに、自然の多い郊外に出かけるという非日常空間に身を置くことで日常を忘れることができ、リフレッシュできるといわれているのです。樹木が発しているフィトンチッドといわれる香りには抗菌作用があり、脳波をα波にする作用もあるとされています。この他、交感神経を抑えて副交感神経を優位にすることからリラックス効果が期待できるのです。

そして、月の光や木漏れ日、小川のせせらぎ、ろうそくの炎などには揺らぎがあり、この揺らぎは交感神経よりも副交感神経を活発にする効果があるため、リラックスできるといわれています。癒し効果があるのは森林など木がある場所だけではありません。海は空気をきれいにする作用があるといわれており、実際海沿いの街はそれ以外の街より有害物質が約15%も少ないという報告もあります。海沿いに出かけることもまた、リフレッシュになるのです。

リフレッシュ方法⑤ヨガ


リフレッシュ法としてヨガもおすすめです。ヨガは、インドを始めとして日本や中国などの東洋で3000年以上前から行われてきた身体鍛錬や考え方です。戦後以降は健康法の1つとして位置づけられるようになりました。ヨガでは、呼吸法がとても大切なものと考えられています。腹式呼吸で深呼吸をすることによって、身体の細胞の隅々まで酸素が行きわたり、細胞の活性化がもたらされるのです。常に呼吸を意識することによって自分の内側に意識が行き、気持ちも落ち着いてきます。

また、ヨガでポーズを取るときには、普段使わない筋肉をゆっくりと伸ばしていくため、徐々に身体がほぐれていき血行も良くなるのです。インナーマッスルが自然と鍛えられて引き締め効果も期待できます。ヨガのポーズの中にはお腹周りをひねるものなどがあり、お腹周りが気になる人やダイエットをしたい人にも向いた運動です。ヨガにはさまざまなプログラムがありますが、フィットネスクラブやヨガスクールによっては、リフレッシュヨガというクラスを設けているところもあります。

リフレッシュ方法⑥瞑想


瞑想を行うことで心が落ち着き、発想が豊かになり集中力を高められるなど、さまざまな効果が期待できます。瞑想を行うときには、できれば静かな場所が望ましいですが、そのような場所に出かけたり見つけたりするのが難しい場合もあるでしょう。そんなときは、仕事が始まる前や家事が一段落したとき、寝る前のひとときなどの隙間時間を利用してみると効果的です。

瞑想をすると呼吸が深くなるので気持ちが落ち着き、雑念が取り払われるため気持ちの切り替えが上手にできるようになります。仕事の前に瞑想をすると、集中力が上がるため、効率良く仕事をこなすことができるようになるでしょう。また、瞑想することで物事を客観的に見られるようになるため、ポジティブな気持ちになったり新しい視点で物事を考えられるようになったりします。

リフレッシュ方法⑦ホテルのリラクゼーションプラン


奄美大島には、ロケーション、ゲストルーム、リラクゼーション、食、天然温泉とさまざまな方法で心と身体をリフレッシュできる「THE SCENE」というホテルがあります。奄美大島の美しい海に抱かれたホテルはビーチまで10秒という絶好のロケーションで、波の音が心と身体を癒してくれるでしょう。

ホテルに到着するとウェルカムマッサージの施術を受けることができ、海辺で日の出を見ながらヨガのレッスンを受けたりパワースポットを巡るツアーに出かけたりとさまざまなアクティビティを満喫できます。また、夜には満天の星を眺めながらバーでお酒を傾けたり、冷え性や美肌に効果があるとされる天然温泉の露天風呂にゆったり浸かったりと贅沢な時間を過ごせるホテルです。都会の喧騒を離れてゆっくりとした時間を過ごすことで、心も身体もリフレッシュできて新たな活力が湧いてくるのではないでしょうか。

リフレッシュを効果的に行って心身を癒そう

リフレッシュを効果的に行って心身を癒そう

リフレッシュを効果的に行うことにより、オンとオフの切り替えが上手にできるようになります。集中して仕事ができるので仕事の効率も上がり、プライベートでは仕事を意識せずに充実した楽しい時間を過ごすことが可能です。疲れた身体と心をリフレッシュするために、都会の喧騒から離れて豊かで美しい自然に抱かれた離島の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

THE SCENE amami spa&resort
THE SCENE amami spa&resort

住所 : 〒894-1523 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字蘇刈970
電話番号 : 0997-72-0111
https://hotelthescene.com/

ご宿泊のみ 航空券付き

結婚式/Line