宴会の席でお酌をしている手元の写真

社員旅行って何を目的に行うの?実際の流れやかかる費用などをまとめ

2021.02.05

  • FaceBook
  • Tweeter

社員旅行が何のために行われているのか気になっている方もいるかもしれません。目的がよく分からないまま社員旅行を実施している企業も多いですが、目的が従業員に伝わらなければ社員旅行を行う意味が薄れてしまいます。そこで今回は社員旅行がどんな目的で行われるのかということをメインに、社員旅行について費用面のことや実際の流れなどを紹介していきます。

社員旅行を行う目的って何?

社員旅行に参加する時、どういう目的で行われているのか、何かメリットがあるのか気になったことはないでしょうか。ここからは、社員旅行がどういう目的で行われているのかを紹介していきます。

社員のリフレッシュ


手を広げて風を感じる女性

社員をリフレッシュさせる目的で、社員旅行を行っている会社も多いです。仕事をしていると業務に追われてなかなか休めなかったり、遊びに行く時間がなくて気分転換できなかったり、身心ともに疲れてしまうこともありますよね。疲れが溜まると仕事にも身が入らなくなり、業務効率も下がってしまいます。そういう時に社員旅行は効果的です。日頃の疲れを旅行で癒やせば、仕事へのモチベーションもアップするでしょう。社員旅行は会社という組織だからこそできるリラックス方法です。仕事から離れて社員同士で純粋に旅行を楽しむことで、社員のやる気を取り戻すことができます。

リフレッシュさせるためなら、休日を与えればよいと思う方もいるかもしれません。しかし、個人個人に休みを与えたとしても、人によっては一人ではどうやってリフレッシュすればよいか分からないという方もいます。休みを貰っても結局家で仕事のことを考えてしまったり、一緒に出かける人が見つからず無駄に休日を過ごしてしまったりすることもあるでしょう。社員旅行なら「今日は仕事を忘れてリフレッシュする日」という名目ができますし、同じ仕事をしている人達と一緒なら思い切ってハメを外すことができます。また、社員旅行を行うことで会社が社員の心の健康やストレスにも気を遣ってくれていることが伝わり、社員のモチベーションもアップします。

従業員同士のコミュニケーション


仲睦まじに話す、カジュアルな服装の20代後半~30代男女

従業員同士のコミュニケーションを取るために、社員旅行を行うケースも多いです。企業にもよりますが、普段の業務で同じ部署の人と一緒に仕事をすることはあっても、他の部署の人達とはあまり関わる機会がないという人もいるでしょう。そこで、社員旅行を行い他の部署の人とも交流を持てる機会を増やそうというわけです。社員旅行のように、仕事から離れた場所で接する機会を設ければ、新しい繋がりやコミュニケーションが生まれるようになります。また、普段仕事で接する機会の多い同じ部署の人でも、仕事上で関わるのと非日常空間で関わるのとではコミュニケーションの取り方も変わってきます。

社員旅行で仕事とは関係ない話をしたり、行動を共にしたりすることでこれまで知らなかった面も見えるようになり、より深いコミュニケーションが生まれるでしょう。効率的に仕事を行う上で、社員同士のコミュニケーションは大切です。相手がどういう人かも分からない状態でやり取りするよりも、社員旅行で仲を深めた上でやり取りするほうが、コミュニケーションもスムーズに取ることができます。業務効率をアップさせるという意味でも、社員旅行を行い従業員同士のコミュニケーションを深めることはとても重要です。

人材の育成や研修


パソコンを囲んで話す20代後半~30代の男女

従来は社員旅行と言えば、観光地を巡ったり宿に泊まって温泉に入ったり食事をしたりすることで、社員の疲れを癒やす目的で行われるものでした。しかし、人材育成のために社員旅行を行うという企業も多くなっています。観光地を見学する時、レジャーを満喫する時にただ楽しむだけではなく、研修やグループワークなどを取り入れることで社員の育成を行うことができます。中には旅行先で施設を借りて、体験型ワークショップを開催するような企業もあります。普通に研修を行うと仕事をしているという感覚が強くなりますが、社員旅行中にレジャー感覚で行えば楽しみながら研修を行うことができ、社員のモチベーションも上がるでしょう。

他にも他社の職場見学を社員旅行のプランに組み込んだり、地域の視察を行ったりする企業も多いです。旅行中にこのようなプランを少しでも入れておくことで、社員が些細なことでも何かを考えるようになり、学びのきっかけを得られるようになります。ただし、人材の育成や研修がメインの目的になってしまうと、社員の癒やしという社員旅行本来の目的が失われてしまいます。そうならないように、研修を社員旅行中の一定時間に組み込み、それ以外は社員が自由に観光のプランを組んで旅行を楽しめるようにしている企業もあります。

社内のチームワークの醸成


円陣を組む、カジュアルな服装の20代後半~30代男女

社内のチームワークの醸成を行うためにも、社員旅行は効果的です。社員旅行は普段の業務で行われているのと同じ団体業務です。より旅行を楽しいものにするためにはどうすればよいか、社員同士で考えながら行動すれば業務の時とは違った連帯感を感じられるでしょう。旅行中は業務を離れていますが、何か一つのことを社員全員で一緒に行うという共有体験は、組織のチームワークを醸成させるのに役立ちます。社員のチームワークの醸成をするために、一般的な社員旅行とは少し変わったプランを組む企業も増えています。

例えば、旅行先として秘境を選び、少々過酷な環境を与えて社員同士のチームワークを高めようとする企業も多いです。秘境巡りは長時間森の中を歩いたり、目的地に辿り着くために地図と方角を照らし合わせたり、様々な工夫が必要になります。そういった過酷な環境を仲間同士で体験し、協力しながら成し遂げた時にはより強い連帯感が生まれるでしょう。同じように登山など、ただ楽しいだけではなく、一つの目標に向かって全員で立ち向かうような環境を社員旅行に取り入れ、社内のチームワークの醸成を行う企業は多いです。

社員旅行のメリット・デメリットとは?

様々な目的で行われる社員旅行ですが、実際どのような効果があるのか気になる方もいるでしょう。また、社員旅行を行うことで何かよくない効果もあるのではないかと考える人もいるかもしれません。そこで、ここからは社員旅行のメリットやデメリットについて紹介していきます。

メリット


社員旅行の大きなメリットになるのが、社員同士の交流を深められることです。社員旅行は同じ部署の人だけではなく、他の部署の人とも行動を共にします。普段はあまり関わらない人と交流すると、自分とは違ったスキルを持つ人が周りにいることに気づくなど、新しい発見ができます。社員旅行中にそういう人と交流を深めておけば、仕事で関わることになった時に円滑にそして効率的に業務を進められるようになるでしょう。社員旅行は、社内で働く多種多様な人と交流できるよい機会です。仕事中はあまり話すことがない管理職の人などと話すことで、より深く会社のことを知ることもできます。また、社員旅行中であれば仕事に関わる話も、普段より気軽に話すことができます。

社員旅行で社員同士が交流を深めることで、より視野を広くして業務を行うことができるようになるでしょう。社員旅行は企業をアピールするためにも重要な行事です。どういう社員旅行を行っているかを求人募集でアピールすれば、求職者に対してよいイメージを持ってもらうことができます。社員が喜びそうな社員旅行を定期的に行っている会社であれば、求職者も「社員を大切にしてくれる企業だ」とプラスの印象を持ってくれるでしょう。また、すでに働いている社員も社員旅行を通してモチベーションをアップすることができ、離職率を低くする効果が期待できます。

デメリット


社員旅行は、全ての社員に対してプラスの効果が期待できるわけではありません。若い世代には、人との交流よりも自分一人の時間を大切にしたいと考える人も多いです。そういう人からすると、社員旅行はワークライフバランスとの両立に向いていないため、あまりよい効果が得られないかもしれません。また、社員旅行を行うための費用に関して、不満を持つ社員が出てくる可能性があるというのもデメリットです。社員旅行の費用は全額会社が負担していると思っている社員もいますが、実際は社員の給料から旅行代を差し引き積み立てているケースも多くあります。

社員旅行に魅力を感じない場合、積立金として差し引かれている分を、給与として還元して欲しいと考える社員が出てくるかもしれません。また、社員旅行を行うことで業務に支障が出てしまう可能性があるのもデメリットです。基本的には社員の多数が参加することになるため、業務を行う社員の数が一気に減ってしまいます。社員旅行中も業務を行うのであれば、一時的に会社の業務が滞ってしまうことは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

社員旅行の注意点

社員旅行を行う際は、従業員にどのような工程になっているかを周知させておく必要があります。工程を把握していない従業員がいると、スケジュールに変更があった時や、トラブルが発生した時に対応できなくなるため注意してください。また、社員旅行のスケジュールを組む時は、時間に余裕を持たせて予定を決めるようにしましょう。社員旅行は大勢の従業員が参加することになるため、独自の行動をしたり遅刻をしたりする人が出てくる可能性が高いです。そういう人が出た時のために、多少時間がズレても対応できるような時間設定とスケジュールにしておきましょう。

旅行中に体調を崩したり、怪我をしたりする参加者が出てきた時のために、医療機関の場所を事前に調べておくことも大切です。また、急にお金が必要になった時のために、金融機関の場所もチェックしておくと安心です。トラブルに合った時のために、保険証を持参してもらうなど、社員に対しても対策をしておくように伝えておきましょう。ホテルを選ぶ時は、貸し切りできるかもチェックしておいたほうがよいです。貸し切りにしておかないと、他の宿泊客に迷惑をかけたり、トラブルになったりすることもあります。貸し切りにしておけば、安心して大勢で旅館やホテルを利用できます。万が一トラブルが起こった時にどう対応するか、旅館やホテル側と打ち合わせしておくのもよいでしょう。

社員旅行の目的を押さえたうえで実施しよう

社員旅行を成功させるためには、事前に社員旅行の目的を設定した上で、社員と従業員双方が目的を理解しておくことが大切です。旅行プランは逆算的に組み立てていくとよいでしょう。いつもの見慣れた都会ではなく、奄美大島などの離島に行ってみるのもよいかもしれません。THE SCENEなら豪華な宿泊施設と、様々なアクティビティを体験できるため、社員全員で存分に楽しむことができます。また、貸切も可能なので、社員のみでリラックスして過ごすことができます。

THE SCENE amami spa&resort
THE SCENE amami spa&resort

住所 : 〒894-1523 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字蘇刈970
電話番号 : 0997-72-0111
https://hotelthescene.com/

ご宿泊のみ 航空券付き

結婚式/Line